テデスコープ

テデスコの趣味の整頓のブログです
MENU

【ボードゲーム紹介】12世紀ヨーロッパでのキリスト教宗派争いをエリアマジョリティの傑作で『王と枢機卿』

0   0
『王と枢機卿』について王と枢機卿とは12世紀のヨーロッパの宗教の派閥争いをテーマにした陣取りゲームです。作者のミハエル・シャハトさんはコロレットの作者さんでシンプルで悩ましいゲームを得意としたベテランデザイナーさんです。コロレットについてはこちらをどうぞ!ゲーム情報タイトル(原題): 王と枢機卿(Web of Power )2000年作者: ミハエル・シャハトプレイ人数: 3~5人プレイ時間: 60分対象年齢: 12才以上販売元: ゲ...

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。