テデスコープ

テデスコの趣味の整頓のブログです
MENU

【ボードゲームプレイレポート】フキデチョウ文庫で『マンマミーア』『クイビット!』『キーパー』を遊びました。

0   0

hukidetyou180204-01_600px.jpg

フキデチョウ文庫平日夜のボードゲーム会のTwitter、Instagramアカウントができました!
Twitter
Instagram

はじめに


こんにちは!フィールド・オブ・グリーンで初めてアークライト社のゲームを購入したテデスコです。
今回の記事は2018年02月の『フキデチョウ文庫さんで遊んだボードゲーム会 vol.29』のレポートです。参加したのはぷらとんさん(初参加)、しなちくさん、Kばやしくん、テデスコ の4人です。


フキデチョウ文庫平日夜のボードゲーム会とは


テデスコが『カルカソンヌ』を買ったのをきっかけにはじまったクローズボードゲーム会です。2015年10月から月に1回開催しています。Ingressで出会ったしなちくさんと会社の後輩のKばやしくん、そして場所を貸していただいでいるフキデチョウ文庫のNまたさんもゲームに参加していただき毎回4〜8人で遊んでいます。ボードゲームに興味があって盛岡近郊にお住まいの方いらっしゃいましたらお気軽にご連絡ください。




長い前フリ


外は雪がちらつき夜に向けて本格的に気温が下がりだした頃です。この日は仕事が早く終わったのでコンビニで食糧を調達してから少し早い時間にフキデチョウ文庫さんに着きました。が、しかし!

前まで来たらちょっと様子が変です。まず電気がついてない、そして鍵がかかっていて中に人の気配がないので入れません。

いつも前日か当日にフキデチョウ文庫のNまたさんに確認の連絡をしているのが今日に限ってしていないことを思い出して青くなりました。慌ててNまたさんに電話をかけます。

(出なかったらどうしよう、もしNまたさん出張とかだったらどうしよう、僕のうちで遊ぶか?!初対面のぷらとんさんいきなり我が家でいいのか?どうなんだ!)と数コールの内に様々な悪い状況を考えていましたが割とすぐにNまたさんは電話に出てくれました。

「あれ?!今日でしたっけ?すみません、勘違いして会議を入れてしまって、今ちょうど終わりましたのでそちら向かいます。えーっと、10分くらいです」

連絡が着いてひとまず安心したらお腹が減ってきました。待っている間することもないし時間もないので建物の前でおにぎりと唐揚げ棒を食べました。フライドポテトはケチャップをつけることができなくて立って食べるのは諦めます。しばらく前で立って待ち、体が芯から冷えてきた頃Nまたさんが到着しました。15分くらいで待った時間なので長いと感じましたが松園から来たと聞いて逆に速さに驚きました。

ちょうどその頃、タブレットで何かを調べながらこちらに向かって来る男性がいらっしゃってその方がぷらとんさんでした。盛岡ボードゲームの会にも参加したことがあるということなのでもしかしたら知らずに会ったりしてるかなと思いましたが初対面の方でした。普段はもっと時間の余裕があるんですと言い訳しながら中にご案内しました。初参加で外に立たされることにならなくて本当によかったです。

冷えたポテトを食べていたらしなちくさんがいらっしゃいまして今日の参加者全員が揃いました。しなちくさんが腰痛で苦しいとTwitterでつぶやいていたのを知っていたので心配していたのですがおもったより大丈夫そうだったので安心しました。

と、ここまで前フリです。やっとボードゲームします。



遊んだゲーム



記憶の早い者勝ちを競う『マンマミーア』


hukidetyou180205-02_600px.jpg

しなちくさん持ち込みとインスト。ぷらとんさん、しなちくさん、Kばやしくん、テデスコの4人で遊びました。

手札から材料カードを真ん中に重ねていって材料が揃った頃に自分のレシピカードを置いて最後に答え合わせする記憶でセットを作るゲームです。

僕がリクエストしたマンマミーアをしなちくさんが持ってきてくれました。前回遊んだボーナンザと同じウヴェ・ローゼンベルグの作品です。

ルールはさほど複雑ではないのですがインストを聞いても聞いてもどういうプレイ感なのかがまったく掴めませんでした。実際に遊んでみるまでピザをつくるフェイズでレシピに必要な材料をその都度使うということが分からずにレシピカードとレシピカードの間の素材で作ると勘違いしていました。1ラウンド練習してみてようやく分かったと同時に面白さもしっかり伝わりました!

勝利したのはぷらとんさん。ぷらとんさんがノルマの7枚すべてのピザを焼き上げたのに対して僕はビリの2枚しか焼くことができませんでした。材料を積んでいくフェイズでは同じ素材を集めて一気にレシピと一緒に出していたぷらとんさんのやりかたは強いですね。でも同じ素材集めるのはとても大変、なかなかできません。

カードをひっくり返して1枚ずつめくっていくフェイズが面白かったです。ボーナンザよりも好きかも?

スコア


ぷらとんさん 7点!、しなちくさん 5点、Kばやしくん 5点、テデスコ 2点




4人プレイは配置が大事『クイビット!』


hukidetyou180205-03_600px.jpg

テデスコ持ち込みとインスト。ぷらとんさん、しなちくさん、Kばやしくん、テデスコの4人で2回遊びました。

カエルを手札を使ってカエルを動かして自分の色の葉っぱに着地させるゲームです。

次も軽いゲームをということでクイビットを4人で遊びました。ぷらとんさんは初プレイということで僕がインストをしました。

初めて4人で遊びましたが4人で遊ぶとタイルの並べ方によってどうしても自分の色に止まれない区間ができることが分かりました。

例えばうずまきを中心にしてもっとも遠いところ同士に自分の色があった場合その距離は8マスになります。8マスの距離だと自分以外の3人が自分の前に集まっている状態で5を出さないと到達することができません。

今回はそこまでではなかったですが僕の色が5〜6マス空いている区間があり、そこを通るたびにドボンしてしまうのがつらすぎて苦しすぎて逆に笑いになりました。手分けしてシャッフルして僕が置いたところだったので誰にも文句はいえません。

こうならないために場を作るのもゲームの一部にしてしまったらどうでしょうか。花の間は人数枚各1色という決まりの元に自分の色の葉っぱを時計回りに1枚ずつ置いていく。均等に置くというのは面白くないような気がします。

簡単なゲームなので次回も遊んで試してみたいです。

前回の反省を活かしたKばやしくんが序盤からハイカードを出して連勝を飾っていました。おみごと。

スコア


周回遅れにしてKばやしくん勝利!
最後にしなちくさんとの一騎打ちに勝ち手札を残したKばやしくん勝利!



動物いっぱいの牧場経営『キーパー』


hukidetyou180205-04_600px.jpg

しなちくさん持ち込みとインスト。ぷらとんさん、Kばやしくん、テデスコの3人で遊びました。

施設を建設して牧場を豊かにしながら資源を変換してさらに豊かにしていくゲームです。

しなちくさんが腰痛があって重いゲームはちょっと遠慮したいというのですが、といわれてもこちらの残りはランカスターとAbove and Below とどちらも2時間級です。

悩んでいたらしなちくさんが持ち込んだキーパーを遊ばずにインストだけしてしてくれることになりました。しなちくさんは以前から度々「私はインストだけしますから遊びなよ」と仰ってくれるのですが、なんか申し訳なくて遠慮してしまいます。しなちくさんと一緒に遊びたいというのもありますしね。この日は他にするゲームがなかったのでお言葉に甘えて遊ばせていただくことにしました。

キーパーはキーシリーズという人気のシリーズの最新作でフキデチョウ文庫平日夜のボードゲーム会でもキーシリーズの代表作であるキーフラワーを遊んだことがあります。思えばその時もしなちくさんはゲームに参加せずにインストだけでした。


キーパーはインストが少し大変そうでした。ルールは難しくないのですがワーカーを置いて発動させるアクションスペースと配置できるタイルの種類が多くて細かい説明をたくさん必要とするゲームなのです。

説明を聞きながらも何をしたらいいのかがなかなか掴めずに説明の途中で何度も質問を挟みんでしまいました。途中ちらっとKばやしくんの顔を見たらまぶたが1ミリくらいしか空いていませんでした。後日話を聞いたら本当にどういうゲームなのか全然分からずに困ってしまったのもあって眠くなってしまったそうです。

ゲーム自体はワーカーの管理、資材の管理と変換、セットコレクションといった要素のたくさんの組み合わせです。牛、馬、羊、やぎ、鶏、バンビ、イノシシ、豚と動物も多く出てきます。

あとこのゲームで一番珍しいのはアクションスペースのパタパタ折るアレです。アレとしかいいようがないのですが、小さい頃折り紙で作って遊んだような気がしているけど名前が全く思い出せずGoogleで検索するもまったく見つけられない、つまり「パタパタ折るアレ」です。誰か名前教えてください。

僕はそれが苦手でやっこさんみたいな形になってしまったりと結構手間取りながら「アクションスペースを選ぶシステム必要?」と若干疑問に思いました。

キーフラワーと違って春以降のタイルが決まっていないのでだんだん強力なタイルが出てくるということもありませんし冬タイルの事前プロットもないので長期目標も建てられません。なので、取れる時に便乗して資材をためておいて使いみちは後で考えるみたいなプレイがあっているような気がしました。そういう意味ではビギナー向けかもしれません。

やりたいことができないということはないのですがやりたいことがなかなか見つからないゲームですね。序盤資源を1個支払い2個手に入れるタイルを入手していたぷらとんさんが全体的に有利かと思ったのですが意外と点数が伸びていなかったのに驚きました。それよりも僕が点数が高くなったのは他の人のアクションに便乗するのを拒まなかった作戦の勝利かもしれません。1手の価値も上がり手番の増えるので絶対的にお得です。

スコア


ぷらとんさん 70点、Kばやしくん 97点、テデスコ 100点




おわりに


実は今回のゲーム会は6人の予定だったのですがSこさんが風邪で欠席、Nまたさんが今日の会議の整理で欠席と2人減って4人になりました。風邪流行っていますね。インフルエンザも流行っているようですのでこまめな飲みうがいでしっかり予防しましよう。あと連絡、前日には確認の連絡ですね。これ次回から必ずするようにします。

前回のゲーム会の記事は文章途中の改行なし、今回は改行ありで書いてみました。個人的には改行があった方が読みやすいと思うのですがいかがでしょうか。ご意見いただけたら幸いです。


話は変わってボードゲームの内箱の話


最近ボードゲームの内箱づくりに魅力を感じています。きっかけはTwitterで見かけたこしあんさんの内箱。これとか素晴らしいです。



そのこしあんさんに教えて頂きカルトナージュ用の厚紙を注文しました。届くのが楽しみです。




最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事が気に入りましたらシェアしてくれると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tedesuko.blog.fc2.com/tb.php/107-667c32dd
該当の記事は見つかりませんでした。