テデスコープ

テデスコの趣味の整頓のブログです
MENU

【ボードゲームプレイレポート】フキデチョウ文庫で『メモアール』『NMBR9(ナンバーナイン)』『リカーーーリング』『そっとおやすみ』を遊びました。

0   0

hukidetyou180318-01_600px.jpg



フキデチョウ文庫平日夜のボードゲーム会のTwitter、Instagramアカウントができました!
TwitterはこちらInstagramはこちらをフォローよろしくお願いします。


はじめに


こんにちは!フィールド・オブ・グリーンで初めてアークライト社のゲームを購入したテデスコです。
今回の記事は2018年03月の『フキデチョウ文庫さんで遊んだボードゲーム会 vol.30』のレポートです。参加したのは不破さん、親戚のKくん、Sこさん、Nまたさん、Kばやしくん、テデスコ の6人です。


フキデチョウ文庫平日夜のボードゲーム会とは


テデスコが『カルカソンヌ』を買ったのをきっかけにはじまったクローズボードゲーム会です。2015年10月から月に1回開催しています。Ingressで出会ったしなちくさんと会社の後輩のKばやしくん、そして場所を貸していただいでいるフキデチョウ文庫のNまたさんもゲームに参加していただき毎回4〜8人で遊んでいます。ボードゲームに興味があって盛岡近郊にお住まいの方いらっしゃいましたらお気軽にご連絡ください。




始まる前のごはんの話


仕事が終わった18時半すぎ、腹を空かした僕とKばやしくんはこの日の夕飯を確保するべく、いつも近所のセブンイレブンではなく近所デパートの惣菜売り場に向かっていました。ゲームをしながら食べるという理由でいつもコンビニでおにぎりやサンドイッチを買っていましたが、よくよく考えたら着いたらすぐに急いで食べているので軽食である必要はないと気がつきました。

飢えたハイエナの如く安売りになった弁当ワゴンをぐるぐると周回し、首尾よく閉店間近20%オフになったラム焼肉弁当をゲット、その後飲み物を手に入れるためセブンイレブンに寄りフキデチョウ文庫に向かいました。

フキデチョウ文庫さんにはすでにSこさんが来ていました。少しお待たせして僕ら2人は買ってきた弁当を食べます。美味しい!温かい弁当を箸で食べるのがこんなに良いものだったのかと改めて思いました。



遊んだゲーム




脱落早すぎてほぼ見学してた『メモアール』


hukidetyou180319-01_600px.jpg

食べ終わっても他の人はまだ来なそうだったので3人でメモアールをはじめようとしたら不破さんがいらっしゃったので4人で遊びました。いきなり脱線しますがこのゲーム、表記が揺れていてめんどくさいです。メモアーーール!メモアール!メモアァール!色々あります。

直前にめくられたカードと動物or背景が同じカードをめくる記憶ゲームです。失敗した人は脱落して最後の1人になるまで続けます。最後の1人が勝利点カードを受け取ってラウンドは終了して次のラウンドはカードの場所を変えずにまた伏せて続けます。なので覚えているカードがどんどん増えてきます。メモアールについてはこちらで記事にしています。



このゲームは不破さんとSこさんが強かったです。

僕の方は自信満々で「黄色いカメはここだぁ!」とめくったところがペンギンだったという間違いを3回繰り返してポンコツぶりを披露しました。僕の隣に座っていたKばやしくんがすごく迷惑そうでした。ごめんなさい。僕が早々と脱落したあと、みなさんの様子を眺めていました。最初はみんな運がいいと思っていましたが「タコはここ!」「ここはまだめくられていない」などの会話を聞いて(え、みんな覚えてる?!どうしよう、全然わかんないよー!)と思ってましたが悟られないように話を合わせていました。不破さんとSこさんの記憶力は凄まじくあと2枚で全てのカードがめくられるところまで進みました。

しかし勝ったのはKばやしくん。運もあるのでしょうが勝機を掴む最低限の記憶が勝因でした。僕は1枚も点数カードが取れませんでした...。泣いてないし。

スコア


不破さん 1点、Sこさん 6点、Kばやしくん 8点!、テデスコ 0点




フワフワと何かを掴みかけては逃げられる『リカーーーリング』


hukidetyou180319-02_600px.jpg

次に人が来るまで時間がありそうだったのでそこまでガッツリしたものじゃないものを、ということでリカーーーリングです。リカーーーリングは日本のゲームデザイナーが作った国産のゲームです。同人でありながら大手出版社の商品に引けをとらないクオリティですごろくやさんなどの大手ボードゲームショップで取り扱っています。

カードゲームです。1が1枚、2が2枚と数字と同じ枚数のカード1〜9までと一番弱いRというカードを全員に配りきります。手番では前の人が出したカードよりも強い(このゲームでは数字が小さいほど強い)カードを出すか枚数を1枚増やして好きなカードのセットを出します。出さない場合はパスをしてそのラウンドは抜けます。出したら前の人が出したカードは手札に入ります。自分以外全員がパスをしたら場に出ているカードを得点として自分の前に置き新たに1枚出すところから新しいラウンドが始まります。誰かが手札を出し切ったらゲーム終了です。

このゲームルールを何回読んでもプレイ感が掴めず、ふわふわした印象で大丈夫か不安だったのだけどとりあえず遊んでみました。結果から言うと最後までふわふわっとした印象だったのですがそれでなぜか面白い不思議なゲームでした。

カードを出してはカードが手に入るのでだんだん手札が揃ってきてこれがアブルクセンを遊んでいる時のような気持ちよさがあります。アブルクセンでは手札をアタックされるように仕向けることで整頓が捗ったのですがリカーーーリングの場合は自分がカードを出すか出さないかの二択でそれが決まるので運の要素が更にすくないと感じました。

枚数を増やして出す時に悩ましく、出されたカードと出すカードとの価値が釣り合っているかどうかを掴む相場感を養うのに何回か遊ぶ必要があります。遊べば遊ぶほど面白くなりますよ、このゲームは!

続けて出す場合は枚数を増やすしかない「1」のカードの重みがだんだん分かってきて1を出されると悲鳴があがるという共通認識が生まれました。

スコア


不破さん 12点、Sこさん 26点、Kばやしくん 30点!、テデスコ 17点




見た目のかわいらしさとは裏腹苦しみのパズル『NMBR9(ナンバーナイン)』


hukidetyou180319-03_600px.jpg

人が揃うまで時間があったので今度は同じメンバーでNMBR9(ナンバーナイン)を遊びました。数字の形のパーツをうまく並べたり重ねたりして高得点を目指すゲームです。隙間があったら上には重ねられないのですが上に階に行くほど点数が2倍、3倍...と高くなるので上を目指します。

箱を開けた瞬間に準備が終わる素晴らしいゲームです。配色が好みとSこさんが前のめりになっていてそれだけでこのゲーム買ってよかったと思いました。

ルールの説明もサクサクと済ませていざゲームスタート。最初は軽くお喋りしながら遊びます、3〜4個くらい置いたところから場の空気が変わりました。上の階に重ねるほど点数が高いのになかなか上に行けないので焦りが。上に階に行くときは2つ以上のパーツにまたがって乗せなければならない縛りで苦しむ人、下に隙間があると乗せれない縛りで苦しむ人、上の階でもパーツはくっつかなきゃいけない縛りで苦しむ人、各々特有の縛りで苦しみます。

最近家づくりのことを考えていたのでそれと重なり「あー、いまさら基礎をつくるのかー」とか「はやくこどもの部屋を作ってあげなくては」と妥協の連続の住宅設計をしていました。

うまくいったというより一番マシだった僕が一応勝ちました。このゲームは遊ぶほどうまくなるので何回も遊びたいです。

スコア


不破さん 45点、Sこさん 33点、Kばやしくん 35点、テデスコ 58点!




5人で遊んだ方が面白い。再びの『リカーーーリング』


NMBR9の途中で親戚のKくんが着きました。仙台出張帰りでお疲れのところでしたが来てくれました。後に参加する方の都合もあり5人で1時間弱のゲームを遊ぶことになり悩んだ結果またまたリカーーーリングを今度は5人で遊びました。

同じ日に人数を変えて遊びましたがこれは5人の方が圧倒的に面白いです。4人だと自分の手番が再びくるまでにカードの枚数が何枚まで競り上がっているか大体予想できるのですが、5人だと予想外の事が結構起こります。「1のカード」や「パス」が重みを帯びて慎重なプレイをするようになりゲームがヒリヒリしてきます。これはなんてガチなゲームなんだ!

スコア


不破さん 13点、親戚のKくん 7点、Sこさん 21点、Kばやしくん 13点、テデスコ 34点!




夜はリアルにおやすみ『そっとおやすみ』


その後Nまたさんが参加して6人となったのですが、時間が微妙すぎて少しでも重いのはちょっとつらいということで、全員でそっとおやすみを遊ぶことにしました。最近テレビで紹介されましたね。また遊びたくなって持ってきました。

カードを隣にまわしながら同じ帽子のカードを揃えるゲームです。揃った人は手札をそっと伏せてそれを見た人は手札が揃っていなくてもそっと伏せます。伏せるのが一番遅かった人がそのラウンドは負けです。これを繰り返します。そっとおやすみはこちらで記事にしています。



あまりガチに遊ぶのではなく世間話でもしながら遊びましょう、ということで近況とか、花粉症の話とか、こどもの話とか、色々話すのですがいつカードが伏せられるか疑心暗鬼になっているので基本的に空返事で話が続きません。親戚のKくんの「全員初対面でももうちょっと上手に話しますよね(笑)」が本当にその通りでした。面白かったのですがこのゲーム夜遅くに遊ぶものではありませんね。リアルにおやすみしてしまいそうになります。

スコア


不破さん -1点、親戚のKくん 0点!、Sこさん -1点、Nまたさん -4点、Kばやしくん -4点、テデスコ -4点





おわりに


この日予想外の出来事が2つありました。
1つはしなちくさんの欠席です。仕事がかなり忙しい時期なので休む可能性があるとは聞いていました。それでもなぜか必ず来ると楽観的観測をもとにそのままメンバーを集めてしまっていたのは大きな失敗でした。今回は総勢6人でしたがもし満員になっていたらゲームはないしインストできる人はいないしで悲惨でした。今後インストする僕かしなちくさんどちらかが欠席する可能性があるときは募集を減らすことにします。

2つめは新規の方のドタキャンです。前日にTwitter経由で参加表明をされたあとにDMでやりとりをした方だったのですが時間になっても現れず連絡しても返事がありませんでした。来れなくなるのは全然大丈夫なのですが連絡がないのは困りました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事が気に入りましたらシェアしてくれると嬉しいです。

関連記事
スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tedesuko.blog.fc2.com/tb.php/112-39e45d94
該当の記事は見つかりませんでした。