テデスコープ

テデスコの趣味の整頓のブログです
MENU

【ボードゲームプレイレポート】フキデチョウ文庫で『犯人は踊る』『ブルームサービス』『ごきぶりポーカー』『ツイン・イット』を遊びました。

0   0

hukidetyou180617-01_600px.jpg


2018/06/18(月曜日)フキデチョウ文庫平日夜のボードゲーム会 vol.33



はじめに


こんにちは!最近中古iPhone7を購入したテデスコです。
今回の記事は2018年06月にフキデチョウ文庫さんで遊んだボードゲーム会のレポートです。参加したのはHらいさん、しなちくさんの会社の後輩Sたさん、ぷらとんさん、しなちくさん、Kばやしくん、テデスコの6人です。Hらいさん、Sたさんは初参加です。


フキデチョウ文庫平日夜のボードゲーム会とは


テデスコが『カルカソンヌ』を買ったのをきっかけにはじまったクローズボードゲーム会です。2015年10月から月に1回開催しています。Ingressで出会ったしなちくさんと会社の後輩のKばやしくん、そして場所を貸していただいでいるフキデチョウ文庫のNまたさんもゲームに参加していただき毎回4〜8人で遊んでいます。ボードゲームに興味があって盛岡近郊にお住まいの方いらっしゃいましたらお気軽にご連絡ください。





遊んだゲーム




『犯人は踊る』


hukidetyou180618-02_600px.jpg

Hらいさん、Sたさん、ぷらとんさん、しなちくさん、Kばやしくん、テデスコの6人

噂や情報操作を用いて犯人をあぶり出すゲーム。犯人カードを持っている人を当てるか、もしくは持ったままゲーム終了を迎えて逃げ切るかすれば勝ち。手番では手札から1枚カードを使うだけのお手軽で楽しい正体隠匿ゲームです。

おそらくこの会でもっとも遊ばれているだろうゲーム。ボードゲームで遊んだことがないという方と遊ぶのに最適だろうとKばやしくんに持ってきてもらいました。

1回目は練習で、ということで説明しながら遊んだら僕が簡単に負けました。まあ練習だからね、練習。

次は初参加のHらいさんが探偵を使いぷらとんさんの犯人を当てました。隣だったので犯人がいったのが分かっていたようです。続けて遊んで今度は初参加のSたさんが探偵を使いぷらとんさんの犯人を当てました。Sたさん曰く「顔を見たら分かった」と。おそろしや。Sたさんは後のごきぶりポーカーでもその能力を発揮しました。

それにしても2回連続で犯人を引いて当てられてしまったぷらとんさんの無念たるや。安らかにお眠りください(死んでない)。


スコア


1回目 Hらいさんが探偵でぷらとんさんの犯人を当てて終了
2回目 Sたさんが探偵でぷらとんさんの犯人を当てて終了




『ブルーサービス』


hukidetyou180618-03_600px.jpg

ぷらとんさん、Kばやしくん、テデスコの3人

魔法の国の配達競争ゲームです。移動する魔女、配達するドルイド、薬を調達する採集者、雨雲を除去する天気の妖精を駆使してより遠くの塔へ薬を運び多くの勝利点を得たプレイヤーが勝利します。

記事にしていますのでこちらも御覧ください。

初心者の方と遊ぶのにギリギリの重さだと思うブルームサービス。くじでメンバーを分けたらこちらはぷろとんさんとKばやしくんと僕の3人と全然初心者じゃない卓になりました。では遠慮なくということで!

ボードの上をコマが移動していくゲームはいいですね。子供の頃から馴染みのあるボードゲームって感じがします。あと絵もいいです、このゲーム。ルイス・クラーク探検隊とかと同じデュトレイの絵です。

ぷらとんさんは初プレイ、Kばやしくんは2回目、僕は4回目でした。

インストの際は右上がとにかく高得点なのでここを目指すとよいとだけアドバイスしました。これを聞いているのと聞いていないのは大きく変わります。

相手のカードを読むのが大事なこのゲーム、Kばやしくんのカードは大体予想することができました。薬を作ってから移動するスタイルが僕と同じだったので。読めなかったのはぷらとんさん、下から回り込んで右に進むルートを取っていたのでお互いに自分の使いたい魔女カードを我先に使い邪魔されまいと必死!その結果僕のほうがやりたいことができていたので点数も移動も結果うまくいきました。

Kばやしくんは序盤に雲を除去したりして点を伸ばしていたのですが、いかんせん移動をしなかったので高得点の塔がなく、というかむしろ届けられる塔が減ってしまい後半に点数が伸びませんでした。

このゲームは移動を成功させるのが鍵ですね。移動は確実に、勇敢なアクションを選ぶときは細心の注意を。

呪われた役割をあえて選ぶことで勇敢なアクションを成功させようとしたら、ぷらとんさんと狙いがかぶって阻止されました。失敗したけど同じことを考えている人がいるというのは嬉しいです!


スコア


ぷらとんさん 84点、Kばやしくん 77点、テデスコ 96点




『ごきぶりポーカー』


hukidetyou180618-04_600px.jpg

Hらいさん、Sたさん、ぷらとんさん、しなちくさん、Kばやしくん、テデスコの6人

ごきぶりやネズミ、くも、ハエといった邪魔者を他のプレイヤーに押し付けるゲーム。手番では手札から1枚選び伏せたまま誰かの前に置き「これは〇〇です」と宣言します。置かれた側がそれが嘘か本当かを当てます。失敗したほうがそのお邪魔者カードを受け取り、一種類の邪魔者が4枚になったプレイヤーが負けです。

ど定番のゲームですがこの会ではなぜかあまり遊ばれていません。僕も続編の『ごきぶりポーカーロイヤル』を持っていてそっちは記事にしているのでよかったらご覧ください。



上の説明の他に指名された側の選択肢としてカードの中身を確認して他の人に改めて出題することもできます。今回はこれが多かったですね。とりあえず全員回すみたいな。そういう暗黙の流れのようなものができるってこういう心理系のゲームではよくあります。

経験値の高そうなぷらとんさんとしなちくさんが最初の指名で敬遠されて最後に勝負せざるをえなくなった結果、負けて受け取るみたいな展開が多かったような気がします。

ぷらとんさんのところにカメムシ2枚、ハエ2枚と集まりこれは決まりの流れか?と思ったところでSたさんからしなちくさんにまさかの3枚目のごきぶり。前後してHらいさんもカエルを3枚でリーチになりましたが僕の持っていた最後のゴキブリを全員でしなちくさんのところまで運び4枚目を受け取ったしなちくさんが負けました。

今回はゆったりと会話を楽しみながら勝ち負けに拘らず遊びました。枚数以外は手がかりがないので黙ってやると運ゲーの弱い者いじめになってしまうんですよね。そうなるとこのゲームはきついです。

逆にこのゲームが成り立つ会というのはいい雰囲気の会ですよね。よかったよかった。


スコア


しなちくさんがごきぶりを4枚集めての敗北




『ツインイット』


hukidetyou180618-05_600px.jpg

Hらいさん、Sたさん、ぷらとんさん、しなちくさん、Kばやしくん、テデスコの6人

裏表に絵柄が描かれた正方形のカードを場に出して2つの絵柄が揃ったら両手で取るかるたみたいなゲーム。今回唯一の新作ゲームでした。

ジャングルスピードと同じ作者が関わっているゲームが出るということで即予約しました。前回ぷらとんさんい遊ばせていただいたジャングルスピードが本当に楽しかったんですよ。

ジャングルスピードは突然1対1の勝負が勃発するのが熱いゲームでしたがツインイットは対全員なので見る範囲が広いです。また裏も表も柄で山札も絵柄の対象になるので「場のカード+いま出されたカード」と「場のカード+山札の新しいカード」を見なきゃいけなくてなかなか探せません。自分の持ち点も場札として扱われるので最後まで油断ができません。

これはしなちくさんが強い!そういえばジャングルスピードも勝ってましたね。僕の方は相変わらず弱いのですがこういうゲーム大好きで何回も遊びたくなります。

1回目が好評だったので次はチーム戦を試してみました。こういう機会でもないと遊ばないだろうしイマイチでもすぐに終わるからと全然期待しないで遊んだのですが、なんとなんとこちらの方が1人ずつで遊ぶよりも遥かに面白かったです!

両手を使い2枚のカードを確保する従来のゲームと違いチーム戦では片手だけを使い2人がかりで1組のペアを確保します。

反射神経を必要とするゲームなので話し合う時間などはまったくありません。ペアを見つけた瞬間に突っ込んでいき味方も来てくれるのを祈ります。付いてきてくれた時の喜びは1人で点を取った時とは比べものにならない喜びがあります。プレイ自体に快感がプラスされます。

目の前でぷらとんさんとしなちくさんが取った時に2人が無言で褒めあっていました。親指を立てしなちくさんを見つめるぷらとんさんと深く頷くしなちくさん、敵ながら見事な連携プレイに胸が熱くなりました。

こちらも負けずに!と思ったのですが2人が強すぎて歯が立たずボロ負けしました。でもこれは楽しい!人数の都合が合えば絶対チーム戦で遊んだほうがいいですよこれは。

画像はゲーム終了まで撮るの忘れて最後に撮った箱の写真です。


スコア


Hらいさん 0点、Sたさん 2点、ぷらとんさん 0点、しなちくさん 5点!、Kばやしくん 0点、テデスコ 1点





おわりに


今回は新しい方が2人も来てくれてみんなで遊べて盛り上がりました。次も来てくれると嬉しいです。

フキデチョウ文庫平日夜のボードゲーム会のTwitter、Instagramアカウントができました。フォローお願いします。

Twitter
Instagram



話は変わりますが『PUBG モバイル』はまってます


100人で無人島に降りて現地で武器を調達しながら最後の生き残りになるゲームにはまっています。その名も『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』略してPUBG、のスマホ版です。モンハンみたいに何かを集めたり武器を作っておいたりということをしなくていいのでぱっと始められてすぐに終わるので忙しい社会人でも気軽に楽しめます。不思議なダンジョンシリーズのような気持ちで遊んでます。誰かフレンドになって一緒に遊びましょう!

PUBG MOBILE

PUBG MOBILE

PUBG Corporationposted withアプリーチ




最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事が気に入りましたらシェアしていただけましたらうれしいです。


関連記事
スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tedesuko.blog.fc2.com/tb.php/118-dff6e35e
該当の記事は見つかりませんでした。