FC2ブログ

テデスコープ

テデスコの趣味の整頓のブログです
MENU

【スマホゲーム紹介】スマホでできるバトルロイヤル『PUBG MOBILE』にハマってます!

0   0

IMG_2139_600px.jpg



さいきんPUBG MOBILE というスマホゲームにはまっています。


「PUBG MOBILE」ってなに?


PUBG MOBILE
PLAYERUNKNOWN‘S BATTLEGROUNDSはバトルロイヤルゲームです。
孤島で100名ものプレイヤーが様々な武器と知恵を使って、最後の一人として生き残る瞬間まで戦います。

プレイヤーは段々狭くなる安全地帯内で、ランダムに配置されている武器や車両、装備アイテムを駆使して
“最後の一人”になるために命をかけた緊張感あふれる荘厳な戦いを勝ち残ります。 PUBGとは - PUBG公式 - DMM GAMES


これのスマホ版です。実は先日iPhone6を7に買い替えたのはこのゲームをやりたかったからってのもあります。6だと動きが重かったりアプリの起動に失敗したりしてしまっていたのです。


TVCMもやってるみたいです!

飛行機で無人島に100人降ろされて現地で武器調達をしながら生き残るゲームです。「勝った!勝った!夕飯はドン勝だ!!」というコピーが有名になったのでドン勝のゲームということでご存知の方も多いのではないでしょうか。TPP視点(自キャラが画面の真ん中にいて背中を向けている画面)FPP視点(自キャラは手だけが見えていて武器を持つとそれも見える画面)どちらも選択できます。僕はFPPが苦手なのでTPPです。


基本無料です。お金を使うこともできます。キャラクターの服や武器や乗り物の色の課金ガチャをすることで他のキャラクターと違うものを使うことができます。でも強さに影響はまったくありません(ここ大事)。むしろ課金したプレイヤーのかっこいい服は逆に目立ってしまうので弱くなるくらいです。課金しないと遊べないモードとかも今のところありません。このゲームが好きだからお金を使いたいという人が使っている感じです。



遊び方とか


IMG_2134_600px.jpg

1人、2人、4人で遊べます。友達同士で遊んでもいいし知らない人と即席で組んでもいいです。知らない人と遊ぶのは抵抗あるかもしれませんがこのゲームほとんど言葉でのやりとりもないし本当に一期一会なので何があっても大丈夫です。下手すると現場で一度も遭遇しないまま敵に倒されて死んでしまったりもあります。たまに挨拶してくる人もいるのでそういうときはちゃんと返していますが基本受け身です。

あとは成績が残るCLSSICモードと遊び要素の強いARCADEモードが選べます。

ARCADEはいきなり小さいエリアで戦ったり少ない人数で武器縛りで戦ったりと遊びの要素が強いけど刺激が強い内容になっていて個人的にはCLASSICの練習として使ってます。最近導入されたWar Mode は死んでも時間内は生き返って戦い続けるモードです。



PUBG MOBILEの楽しいところ


なにが楽しいって、遊んでいるうちにうまくなっていくのが楽しいんです。基本はアクションゲームなので上手な人にはどうしても勝てなかったりするのですがそこは見つからないようにコソコソ動き回ったり他人同士で戦っているスキをみて草陰から撃ったりと工夫します。敵と対峙したときは本当にドキドキして攻撃するどころか歩くこともろくにできなかったりしますが倒せたときの喜びは大きいです。僕はスナイパーライフルで遠くから敵をやっつけるのが好きです。

基本手ぶらでゲームが始まるのでいざ戦場に向かう前に特に準備がいらないってのもいいです。素材を集めて武器を作ったり、カードを購入してデッキを作ったりをしなくてよくてゲームが始まったら即戦闘ってのが忙しい社会人ゲーマーにはとってもちょうどいいです。昔トルネコの不思議なダンジョンと言うゲームがありました。主人公のトルネコが手ぶらでダンジョンに挑み現地で見つけた武器や防具でどんどん強くなっていくのですが、あの感覚に近いものを僕は感じています。あのゲームも武器や防具を持ち帰って保存する機能があったのですがやっぱり徒手空拳ダンジョンに挑んでいくのが好きでした。



フレンド申請お気軽にどうぞ!


IMG_2133_600px.jpg

「弾丸は踊る」キャラID : 6117552258

で遊んでいます。ブログを読んでくれた方気軽にフレンド申請してください。一緒に遊びましょう。

PUBG MOBILE

PUBG MOBILE

PUBG Corporationposted withアプリーチ


関連記事
スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tedesuko.blog.fc2.com/tb.php/122-84b7c671
該当の記事は見つかりませんでした。