FC2ブログ

テデスコープ

テデスコの趣味の整頓のブログです
MENU

【ボードゲームプレイリポート】フキデチョウ文庫で『フラッシュ(紙ペンゲーム)』『デクリプト』『ニューヨーク1901』を遊びました。

0   0

20181124134024c64.jpeg


2018/11/19(月曜日)フキデチョウ文庫平日夜のボードゲーム会 vol.37



はじめに


こんにちは!テデスコです。
今回の記事は2018年11月にフキデチョウ文庫さんで遊んだボードゲーム会のレポートです。

参加した人はけえささん(初)、鍋さん(初)、Bugさん、Hらいさん、Sたさん、Sこさん、しなちくさん、Kばやしくん、テデスコの9人です。


フキデチョウ文庫平日夜のボードゲーム会とは


テデスコが『カルカソンヌ』を買ったのをきっかけにはじまったクローズボードゲーム会です。2015年10月から月に1回開催しています。Ingressで出会ったしなちくさんと会社の後輩のKばやしくん、そして場所を貸していただいでいるフキデチョウ文庫のNまたさんもゲームに参加していただき毎回4〜8人で遊んでいます。ボードゲームに興味があって盛岡近郊にお住まいの方いらっしゃいましたらお気軽にご連絡ください。





遊んだゲーム




『フラッシュ』(紙ペンゲーム)


けえささん、鍋さん、Bugさん、Hらいさん、Sたさん、Sこさん、Kばやしくん(2回目から)、テデスコの8人。

メモ用紙とペンがあればできる紙ペンゲームです。お題に沿った項目を8個書いて発表して、同じ答えを書いた人の数だけ得点になります。7人と8人で2回遊びました。

bugさんが紙とペン持参でインストしてくれました。お題を考えるのにちょっとまごつきましたがSこさんから出たクリスマスで遊んでみました。同じ意味でも違う言葉は2つとカウントするというのを僕は正式名称にこだわれという意味だと思ったのですが、サンタとサンタクロースとふたつの単語を書いていたけえさんが正しかったようです。二回目は家具というお題で遊びました。ニトリはいたけどイケアは僕だけ。なんだよー。

別のルールで誰か1人とだけ被るのが高得点という上級ルールも遊んでみたいです。そっちの方が楽しそう。

ちなみにクリスマスで僕が連想したのは、サンタクロース6、クリスマスツリー5、プレゼント5、トナカイ5、くつ下2、雪3、おもちゃ1、ソリ1。家具では、イス7、テーブル5、机5、ニトリ2、イケア1、本棚2、棚6、ソファ6。数字は自分も含めて書いた人の数です。


けえさん強し!


お題「クリスマス」28点、お題「家具」34点、どちらもけえさんが勝利!


『デクリプト』チーム戦のワードゲーム


20181124134055ef5.jpeg

けえささん、鍋さん、Bugさん、Hらいさん、Sたさん、Sこさん、Kばやしくん、テデスコの8人。

これもbugさん持ち込み。8人だったのでちょうどよく2チームに別れました。

スパイ2チームに別れて相手のキーワードを当てるゲームです。お互い4つのキーワードを持っています。リーダーはランダムで出される番号に対応したキーワードに対してヒントを味方に出します。ただしこれは相手チームにも伝わっています。同時進行で相手もこちらのキーワードを当てにくるので相手を出し抜いて読み切らなくてはいけません。規定のラウンド内で2回番号を当てたチームの勝ちです。

結果から言うととても面白かったです。メンツも良かったですし。タイミング次第ではこれがSDJ(ドイツ年間ボードゲーム大賞)受賞だったのでは?と思うほどのよいゲームでした。

ワードゲームなのでコンポーネントは少ないですがひと昔前のスパイムービーのような衝立が素敵でした。

最初は雲をつかむようだけどヒントが溜まってくるとボンヤリと分かってくるのが、それを仲間と共有するのがとても楽しいです。

自分がヒント考えるときは味方には分かるけど敵チームにはバレない絶妙な名前を考えるのが難しいけど楽しい。裏読みしすぎて2歩、3歩さきに行ってしまい他の仲間を置いてけぼりにしてしまっているときもあります。

良いヒントだろう?とドヤしたいけど考えるのに時間がかかってしまいます。謎かけ考える時と似てるかも。


白チームの勝ち!


両チームとも自チームの予想を2回外してゲーム終了。最後に1回敵チームの番号を当てた白チームが勝利!
【白チーム】けえさん、ナベさん、Hらいさん、Kばやしくん
【黒チーム】bugさん、Sたさん、Sこさん、テデスコ


『ニューヨーク1901』タイル配置、エリアマジョリティで都市開発


2018112413420113d.jpeg

bugさん、Sたさん、Kばやしくん、テデスコ の4人。

本日の個人的メインディッシュ。

ニューヨーク、時は1901年、これから建てられる数々の高層ビル群が後の摩天楼である。プレイヤーは区画をカードで取り合い自分の高層ビルのタイルをボードに置いていきます。高層ビルタイルは置くたびに点数が入ります。高層ビルタイルか土地カードが規定の枚数以下になったらゲーム終了で、最後に面しているビルの数が多ければ点数が入るストリートが3つあります。

BGGで重さ2くらいだったので軽そうとは思っていたのですが、思った以上に軽いゲームでした。あまりの見通しがよすぎて逆に見落としがあるのではないかと疑ってしまうくらい。これは小学生でもできそう。ボードのあるボードゲーム入門用にちょうどよさそうです。

ルールブックをよく読んでいたつもりだったのですがやっぱり落としがあってbugさんに教えていただきました。初期配置のタイルも対応したカードを使用済みにすることとカードを使い切ると空いた土地がちょうどなくなるってのが抜けていました。なるほど、これしないとカードに無駄が出ちゃうんですね。

序盤は割と散り散りになりました。自分のビルが多く面しているとボーナスが入るストリートが3本あるので交差点が激アツになるのかと思ったら違いました。しかし中盤からは置けるところも少なくなりバシバシ他人の邪魔をする展開に。やむを得ずという場面もありましたが気を抜けない状態が続きました。

最後はストリートボーナスで5点、あとはブロンズの建物の数で10点のボーナスを受けて勝利!あわよくばストリートボーナスを2個いただこうと思ったけど流石にそれはさせてもらえませんでした。ブロンズの建物のボーナスは得点高いから今回は改築なしプレイかと思ってたら中盤からはガンガンみんな改築してブロンズの建物捨ててました。

パズルの要素と陣取りと目標達成がうまく絡み合いつつ資源の管理もないし手札もない簡単なルールで定番になりうるゲームと思いました。絵がデュトレイってもいいですね。人の顔もいいし盤面の配色もグッドです。

20181124134150bfb.jpeg
土地の確保に使うコマ。箱絵の人?


テデスコのインスト勝ち!


bugさん 50点、Sたさん 54点、Kばやしくん 60点、テデスコ 72点!



おわりに


今回はけえさんとナベさんという2名の初参加の方がいらっしゃいました。Twitterで告知してボードゲーム初心者の方が来てくれるって初めてのことだったので嬉しかったです。ふたりとも1人で来てくれたのですが、これってかなり勇気のいることだと思います。コミュニティが出来上がっているところに1人で入っていくって怖いですよね。本当に感謝です。

フキデチョウ文庫平日夜のボードゲーム会のTwitter、Instagramアカウントができました。フォローお願いします。

Twitter
Instagram


画像加工アプリ『MOLDIV』デビュー!


今回はアイキャッチ画像(記事一覧で見える文字入りの写真)をMOLDIVというiPhoneアプリで作ってみました。写真もパソコンを経由せずiPhoneから直接あげています。変じゃないですか?編集はかなり楽になったように思います。今までillustrator使っていましたから。

MOLDIVはボードゲームなどを紹介するブログ『ゴクラキズム』のゴクラクテンさんに教えていただきました。ゴクラクテンさんはこれでアイキャッチを作って記事内の画像はInstagram画像をそのまま使っているそうです。




リンク







最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事が気に入りましたらシェアしていただけましたらうれしいです。
関連記事
スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tedesuko.blog.fc2.com/tb.php/131-5759ce97
該当の記事は見つかりませんでした。