テデスコープ

テデスコの趣味の整頓のブログです
MENU

【ボードゲームプレイリポート】フキデチョウ文庫で『Welcome to...』『さまよえるオランダ人』『ボーナンザ』『5本のきゅうり』を遊びました。

0   0


2019/1/17(木曜日)フキデチョウ文庫平日夜のボードゲーム会 vol.39



はじめに


こんにちは!テデスコです。
今回の記事は2019年1月にフキデチョウ文庫さんで遊んだボードゲーム会のレポートです。
参加した人は、Tぐちさん(初)、Tかださん(初)、けぇさん、Hらいさん、ぷらとんさん、Sちこさん、テデスコの7人です。


フキデチョウ文庫平日夜のボードゲーム会とは


テデスコが『カルカソンヌ』を買ったのをきっかけにはじまったクローズボードゲーム会です。2015年10月から月に1回開催しています。Ingressで出会ったしなちくさんと会社の後輩のKばやしくん、そして場所を貸していただいでいるフキデチョウ文庫のNまたさんもゲームに参加していただき毎回4〜8人で遊んでいます。ボードゲームに興味があって盛岡近郊にお住まいの方いらっしゃいましたらお気軽にご連絡ください。





遊んだゲーム




『Welcome to...』



Tぐちさん、Tかださん、Hらいさん、ぷらとんさん、Sちこさん、テデスコの6人

テデスコ「こんなに説明聞いてもよく分からなくて不安と思うのですが、やりはじめるとすっごく面白いので安心してください!」
一同(笑)
こんなグダグダなインストからスタートしました。

初めて参加したお二人も交えて6人のWelcome to...は、数回プレイ経験がある僕がなぜかダントツでビリ。目先の欲(プールだよプール)に目がくらんで方針を見失い、どっちつかずなプレイをしてしまいました。

15の公共事業が来て「一番下の長い通りの右端が17になってたら、その後なんか楽なんじゃない?」という安易な目論見で書き込んだら数ターン後にぷらとんさんが「あ、でもここって隣がプールだから14か15しか書かないですよね」と冷静な指摘。17を書いていた数名(ぷらとんさん含む)が一様にうなだれました。

ゲームはSちこさんが勝利。目標達成を高い点数を1つと低い点数を1つ、公園をたっぷり、さらにプールもたっぷりとしっかり点数を稼いでいました。同じ数の手番数があったはずなのになんでこんなに点数がひらくのか不思議です。

大きな目標を作りなおかつ柔軟に軌道修正をする適応力が求められるやりごたえのあるゲームでした。


Sちこさんの勝ち!


Tぐちさん 78点、Tかださん 85点、Hらいさん 81点、ぷらとんさん 88点、Sちこさん 89点、テデスコ 69点


『さまよえるオランダ人』



Tかださん、けぇさん、Hらいさん、テデスコ の4人

2年弱ぶりのさまよえるオランダ人。難しいんだけどジワジワと面白くてまた遊びたくなる。同じ価値からスタートした船が暴落を繰り返すたびに自然にバラけてくるのがなかなかにドラマチックです。島に行くと価値の高いカードを公開するので相手が何をもっているのかだんだん分かってきます。

Hらいさんが紫のカードをもっているのが分かっていたけど所持金が少ないから無視していました。が、なんということかその紫のカードを2枚も所持していたのです!紫は最高の価値の18金になっていたのでゲーム終了時にほかも合わせて40金超をゲット。Hらいさんがダントツで勝ちました。同じく紫のカードをもっていたけぇさんが暴落しないように動いたためその時点でHらいさんの勝利はほぼ確定でした。最後はパスして勝ちましたからね。こうなったらTかださんとビリ2人で結託して紫を暴落させてやればよかったです。

株券カード交換のタイミングが難しい。蹄鉄の回収のタイミングが難しい。でも面白い。

今回は負けましたが全員の様子を見ながらゆっくり遊べたので楽しかったです。
交渉の部分のフローチャートを作っていたのでインストは時間かかったけどしっかりできたと思います。そもそも僕がそのあたり忘れてて直前でルール読んで思い出したりしました。

交渉って何したらいいか分からない方に。手の内ちょっとばらしても「こっちにいったら僕が5金損しちゃうからその分補填してくれるんだったらいいよ」みたいにぶっちゃけたら初心者の人は面白いと思います。素直に話すって交渉の基本だしね。


Hらいさんの勝ち


Tかださん 57点、けぇさん 51点、Hらいさん 78点!、テデスコ 39点


『ボーナンザ』



Tださん、けぇさん、Hらいさん、テデスコ の4人

前のゲームの交渉で殺伐としていたのでwin-winの楽しい交渉で遊びましょうということでボーナンザ。だがしかし、オランダ人を引きずってしまったのかシビアな交渉をしたがる面々。いらないカードを人に上げてしまったほうがこっちも手札を整理できるし相手も喜ぶし双方よいことだらけで「みんな楽しいね!うん!」みたいな空気になるかと思ってので心を削るような交渉を何度か行いました。僕はみんなからたくさんもらってホクホクしてました。このゲームで大事なのは「ついでにこれもあげるよ!」だよみんな。


けぇさんの勝ち


Tかださん 10点、けぇさん 13点、Hらいさん 10点、テデスコ 12点


『5本のきゅうり』



けぇさん、Hらいさん、ぷらとんさん、テデスコ の4人

あるYoutubeで3人で遊んで楽しいと聞いてあらためて遊びたくなったゲーム。大人数で遊ぶパーティゲームだと思ってたから意外でした。たしかに5〜6人以上だと一発ドボンとかもあって割と雑な感じかもしれません。結局残り3人くらいになってきたときにようやく本気で戦う感じがありますね。前半のワイワイした感じと後半のガチな感じが一度のプレイで楽しめるのはいいですが脱落してしまった人は浮かばれないし。

今回は戸来さんとけぇさんが先に脱落、その時点で残った僕とぷらとんさんは無傷。その後2-2、3-3、4-4、5-5、とほぼ互角の戦いで最後に数字一つ違いのカードで僕が勝ちました。この最後の2人のヒリヒリした戦いがたまりません。この日勝ちがなかった僕が憂さ晴らしのためにこのゲームを遊んだわけで決してありません。


テデスコの勝ち


けぇさん -6点、Hらいさん -6点、ぷらとんさん -6点、テデスコ -5点!



おわりに


今回は初参加の方がお二人、はじめてのInstagram経由での参加でした。告知って意味あるんですね!今回は体調不良でしなちくさんとKばやしくんが休み。ぷらとんさんにインストをお願いして2卓で遊ぶことができました。満員御礼で参加をお断りした方もいたのですが結局は欠員が出て人数が減ってしまい申し訳ないことをしました。インフルエンザが流行っているので気をつけましょう。
フキデチョウ文庫平日夜のボードゲーム会のTwitter、Instagramアカウントができました。フォローお願いします。
最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事が気に入りましたらシェアしていただけましたらうれしいです。





この記事で登場したボードゲーム






関連記事
スポンサーサイト



SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tedesuko.blog.fc2.com/tb.php/139-86a05091
該当の記事は見つかりませんでした。