テデスコープ

テデスコの趣味の整頓のブログです
MENU

【ボードゲームプレイリポート】フキデチョウ文庫で『ダイスランド』『ニムト』『マクロスコープ』『思わぬ拾い物』『もっとホイップを!』『ガンシュンクレバー』を遊びました。

0   0


2019/2/7(木曜日)フキデチョウ文庫平日夜のボードゲーム会 vol.40



はじめに


こんにちは!テデスコです。
今回の記事は2019年1月にフキデチョウ文庫さんで遊んだボードゲーム会のレポートです。
参加した人は、夢さん(初)、鍋さん、Bugさん、やえけんくん、ぷらとんさん、しなちくさん、Kばやしくん、テデスコ の8人 です。


フキデチョウ文庫平日夜のボードゲーム会とは


テデスコが『カルカソンヌ』を買ったのをきっかけにはじまったクローズボードゲーム会です。2015年10月から月に1回開催しています。Ingressで出会ったしなちくさんと会社の後輩のKばやしくん、そして場所を貸していただいでいるフキデチョウ文庫のNまたさんもゲームに参加していただき毎回4〜8人で遊んでいます。ボードゲームに興味があって盛岡近郊にお住まいの方いらっしゃいましたらお気軽にご連絡ください。





遊んだゲーム




ダイスランド




夢さん、Bugさん、ぷらとんさん、テデスコ の4人

サイコロの色に対応したマスを各自のボードに書き込んでいくゲームです。6個のサイコロを振って一色を確保します。残りを振り直してもいいしやめてもいいを繰り返します。選んだ色は使い切る必要があります。必要以上に色が出てしまったらその手番は書き込めず終了。星マークのあるマスを9個と1色すべてを塗りつぶしたら勝利でゲーム終了です。

このゲームはBugさんが持ってきてくれました。一番の売りは「蓋の裏にフェルトみたいなのが貼ってあってダイストレイになっているところ」だそうで、たしかに蓋の厚みもあってとても使いやすいトレイでした。

マスと言いましたが実際は四角ではなくてヘックス(六角形)でパッとみえた感じより横が遠く感じます。ルールでもうひとつ大事な縛りがあってそれぞれの色で塗りかけのエリアがある場合はそのエリアを塗り終えないと他のところを塗れません。これが悩ましい。早く遠くにいかなきゃいけないのに近くに手を出してしまったから終わらせないといけない。

仕事中キャパを超えたマルチタスクにテンパってしまっているような状況になりました。


Bugさんの勝ち


夢さん 8点、Bugさん 9+1点!、ぷらとんさん 5点、テデスコ 7点


ニムト




夢さん、鍋さん、Bugさん、ヤエケンくん、ぷらとんさん、しなちくさん、Kばやしくん、テデスコ の8人

マイナス点を取らないようにするゲームです。全員同時に選んだ手札をオープンにした後、数が小さい順に処理をします。出したカードは場の4列の中で数が大きくて近い列に置かれます。その列の6枚目になったプレイヤーはその列をすべて引き取りカードに書かれている牛の数がマイナス点になります。場の4枚のどのカードよりも小さいカードを出した場合は好きな列を選んで引き取ります。本来は誰かが-66点になったらゲーム終了なのですが今回は2ラウンドだけやって終わりました。

8人でニムト。人数多いとワーワー楽しめますね。失点の多い山ばかりで緊張感が高まると皆の語彙力が落ちはじめ「おー」「おー?」「おー!」「おーー!」と原始人のあつまりみたいになりました。前回と同じようにヤエケンくんが強かったけど今回はしなちくさんが経験者の意地を見せました。

途中でしたがヤエケンくんが携帯を無くしたことに気がつきちょっと取ってくると抜けて終了になりました。結局取りに行った店は閉まってたようでした。


しなちくさんの勝ち!(途中終了)



夢さん -28点、鍋さん -20点、Bugさん -35点、ヤエケンくん -19点、ぷらとんさん -53点、しなちくさん -15点!、Kばやしくん -26点、テデスコ -24点


マクロスコープ




鍋さん、ヤエケンくん、Bugさん、テデスコ の4人

スチームパンク覗き穴からイラストをみてみんなで当てるゲーム。手番ごとに覗き穴が増えていくけど早く答えたほうがもらえる点数が多いのですが間違えると同じ点数失点するので悩みます。

このゲームには回答者を惑わす2つの罠がありまして、その1つが線の少なさです。覗いたところに線がないなんてこともしばしば。なんだこれーと嘆きます。2つ目は独特というか変な画風です。

「なんだよこの絵は!」とヤエケンくんは答えをみても納得出来なかった様子。そのへんの理不尽さも共有するのが楽しかったりするのですがちょっと人を選ぶようですね。僕は好きなんですが…。


Bugさんの勝ち


鍋さん 18点、Bugさん 38点!、ヤエケンくん 29点、テデスコ 0点


思わぬ拾い物




鍋さん、ヤエケンくん、Bugさん、テデスコ の4人

ついにヤエケンくんがボードゲームを買ってきました。
ゴミ捨て場から家電製品を拾ってきて特定のセットになったら出荷しましょうというゲームです。このゲームはバッティングが独特で面白いですね。そのラウンドで取る家電の数をカードで提示するのですがこの時他の人と数字が被ってしまうと権利を争うことになります。争い方は簡単で優先順位チップを予め配られているのでその優先度の高い人が権利を得ます。そのチップは争いに関わった人同士で交換が発生するので権力が偏ることはありません。

もう一つ泥棒が刺激的。ゴミを拾ってきてるのに盗まれるかよと思いますが実際に盗まれますし自分も盗みます。このラウンドで誰かとバッティングして権利争いで負けた人は家にいる設定なので盗まれません。選ぶカード以外はすべて公開情報なのでお互いどのカードを選ぶのかを読み合うのが楽しいです。

そういう意味ではフェレータやあやつり人形のような役割ドラフトゲームに似ているかもしれません。


鍋さんの勝ち


鍋さん 171点、ヤエケンくん 49点、Bugさん 64点、テデスコ 119点


もっとホイップを!




鍋さん、ヤエケンくん、Bugさん、テデスコ の4人

ケーキの切り分けの一番公平な分け方は切った人が最後に選ぶ方法だというのをそのままゲームにしてしまったというゲーム。各種類のケーキを一番多く取った人が得点を得ます。

ゲーム開始時にケーキ11枚の山を5つ作ります。各ラウンドの開始時に切り分け係がその山の順番を変えないように丸いケーキを作ったあと、人数分に切り分けます。その後で切り分け係が最後になるように時計回りに取っていきます。これを5回繰り返します。

ルールは大体こんな感じなのでとてもシンプルです。なのですが、かなり悩みます。

特に切り分ける人が全員分の手番を読まなきゃいけないから結構大変。手番順の関係で切り分け係を2回した鍋さんは大変だったかもしれません。結構悩んでました。「こう切ったら彼があれを取って、残りをあっちが取って、自分にはこれ?んんん、ダメか、じゃあこっちは...ぶつぶつぶつ」切り分け係の悩むのですが取る人は簡単に取っていきます。

箱の大きさとゲームの面白さは関係ないと言うのは分かっているのですが、それでも「こんな小さい箱によくこんなに濃いゲームが入ったものだ」と関心せざるを得ない悩ましいゲームでした。


Bugさんの勝ち


鍋さん 28点、ヤエケンくん 26点、Bugさん 31点!、テデスコ 27点


ガンシュンクレバー




鍋さん、ヤエケンくん、Bugさん、テデスコ の4人

本日2回目の紙ペンゲーム。サイコロを振って出た数字を紙に記録するゲームです。手番では6個のサイコロのうち1つを使って用紙に書き込んだあと、残りのサイコロを振り直すを3回します。振り直す前に選んだ数字未満のサイコロはよけられます。なので最初は小さい数字のサイコロを選びたいのですが後半だんだんそうもいかなくなってきます。手番じゃない人は使わなかった3個の中から好きなものを選んで使うことができます。全員が手番を行うのを4ラウンド繰り返したらゲーム終了です。

最近紙ペンゲームが流行っていてその中でも前回遊んだWelcome To... と双璧と言われているゲームがこのガンシュンクレバーです。

このゲームとにかくボーナスが多くてしかもそれが連鎖するということでインストを聞いている段階で全員ワクワクが止まりません。ここのビンゴが揃えば別のところを書けると聞いて「おー!」ここを書けばいつでもすべてのサイコロから選んで使えると聞いて「なんですとー!」ラウンドの開始にもそれがもらえると聞いて「すごすぎるー!」と夜遅かったせいか変なテンションに。「早く!早く遊びましょう!」

インストで盛り上がりすぎたので遊んだらそうでもなかったとなりそうで不安だったのですが、それは杞憂でしかなくインストを超える快感がプレイ中にはありました。とにかくボーナスがほしい、点数どうこうよりもたくさんのボーナスを得て連鎖をしたい!という思いが大きくそれを満たしてくれるゲームでした。

後半は埋まっているマスも増えてきているので連鎖も起こりやすく各手番誰かが必ず連鎖しているという状況でした。ぷよぷよでいえばずっと「ばよえ〜ん!」って感じです。これは面白いです。


Bugさんの勝ち


鍋さん 203点、ヤエケンくん 136点、Bugさん 233点!、テデスコ 149点



おわりに


今回もTwitter経由での初参加の方がお一人いらっしゃいました。SNSで告知していて反応があるのは本当に嬉しいです。ありがとうございます。今回は楽しくてついつい遅くまで遊んでしまいました。付き合っていただいた皆さんありがとうございました。またよろしくお願いします。
フキデチョウ文庫平日夜のボードゲーム会のTwitter、Instagramアカウントができました。フォローお願いします。



最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事が気に入りましたらシェアしていただけましたらうれしいです。



PR//この記事で登場したボードゲーム






関連記事
スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tedesuko.blog.fc2.com/tb.php/144-d09963ed
該当の記事は見つかりませんでした。