テデスコープ

テデスコの趣味の整頓のブログです
MENU

フキデチョウ文庫で「5本のきゅうり」「カルバカードゲーム」「テキサスショーダウン」「111カードゲーム」「ツインイット」「セレスティア」を遊びました。

0   0

2019/4/8(火曜日)フキデチョウ文庫平日夜のボードゲーム会 vol.43

はじめに


こんにちは!テデスコです。
今回の記事は2019年3月にフキデチョウ文庫さんで遊んだボードゲーム会のレポートです。
参加した人は猫丸さん(初)、Sずきさん(初)、kubotayaさん、bugさん、しなちくさん、Kばやしくん、テデスコ の7人 です。


フキデチョウ文庫平日夜のボードゲーム会とは


テデスコが『カルカソンヌ』を買ったのをきっかけにはじまったクローズボードゲーム会です。2015年10月から月に1回開催しています。Ingressで出会ったしなちくさんと会社の後輩のKばやしくん、そして場所を貸していただいでいるフキデチョウ文庫のNまたさんもゲームに参加していただき毎回4〜8人で遊んでいます。ボードゲームに興味があって盛岡近郊にお住まいの方いらっしゃいましたらお気軽にご連絡ください。






遊んだゲーム



5本のきゅうり



右に座ったの猫丸さんのカードがめちゃくちゃ強くて最初に脱落しました。遅れてきたしなちくさんと喋ってる時間の方が長かったです。WordPressとかweb制作のこと、今作ってる途中のウェブサイトのこととか色々話ができました。結果猫丸さんが優勝した。初めてなのにすごいです!






カルバカードゲーム



久しぶりに遊びました。あれ、こんなに面白かったっけ?と思いました。ルールは簡単で誰でもできるんだけど楽しめるかは経験が必要かもしません。2回続けて遊んだのもよかったです。短いゲームは2回遊ぶと楽しいですね。普段時間に追われて次から次と違うゲームしてたからゆっくりと同じゲームするのもいいものです。他人に邪魔される要素はないんだけど人数が増えると難しい。最近スマホで地図を見るせいで道を覚えていられる時間が短くなった気がします。初めて遊ばれた猫丸さんに伝わりづらいところがあってインストに工夫が必要だったかもと反省。実際に並べてみるとかすればよかったです。Bugさんが上手でした。




テキサスショーダウン




個人的この日のベストゲーム。すごい楽しかったのでほしいです。

トリックを取らないようにするトリックテイキングで、カード構成とフォローのルールが結構独特。
スートが独特でトランプみたいに[数字]x[スート]っていう感じじゃなくて1〜10が黒、20〜が青、みたいに数字の塊ごとに色が決まっていてそれがスートの役割をしています。なのでスートそのものの強さはないんだけどカードの数字で強い色弱い色ってのが決まってきます。あと強いほど枚数が少ないです。手番では前の人と同じ色があれば出す、なければ好きな色を出す。場に色が増えたらどれを選んでもいい。

トリックを取る判定も面白くて普通に全員が同じ色を出したら大きい数字の人が取る、何色か出たら一番多い色の中の数字の大きい人が取る。何色かで枚数が同じ場合は数字の多いほうが取る。このルールのおかげで、一回りの最後になると誰に攻撃するかを選ぶことができてそこで一喜一憂して盛り上がります。残しておいたらやばいカードとかわかってくるとまた面白い。これは買いたい。前半飛ばして、最後の3トリックを取ってしまいトップになれませんでした。



111カードゲーム



手札を昇順、もしくは降順に並べ替えるゲーム。手札は並び替えてはいけないくて共通の場からカードを1枚手札に加えて入れたカードの隣の1枚を場に戻す、それを繰り返します。手札が順番にならんだらあがりで、上がれなかった人は一番多く並べているところを数えて得点とします。

手札を並び替えれないから少しでも揃っている所を頼りに変えていくんだけど1枚ずつしか変えられないから全然揃いません。「なんだこれ、一生揃わないんじゃないの?!」って思ってたらkubotayaさんが揃えて終わりってのを2回繰り返しました。難しい、そしてまどろっこしい。あと少しの状況にもなれずもやもやーっとしたまま終わりました。



ツインイット



目がチカチカするような柄のカードをめくっては置きを繰り返し同じ柄が出たら両手でタッチして取るゲーム。このゲームはヘビーゲーマーも初心者も対等に戦えるのでいいゲームだと思います。僕が必死で勝ちました。このゲーム好きです。




セレスティア



しなちくさんがこれだったらやってもいいというので6人でセレスティア。船長が障害を乗り越えられるかを予想して船を降りるか判断するゲーム。成功し続けると高得点の島に行けるけど墜落してしまうとそのラウンドは何も得られない。

今回は前回の反省を活かし前半からダイス3個以上の船長にならないようにしてカードを溜め込み、なんと最終目的地まで到達することができました。途中Sずきさんと2人で墜落しそうになりましたが、望遠鏡を出して次の島に、そのあとは一人旅で最後までと。とてもドキドキして、成功したときは嬉しかったです。このゲームの醍醐味がちょっとだけ分かりました。

僕は最後の島まで到達したんだけど、実はその前に終了条件の50点に到達していた人が2人もいたことが発覚。ゲームはその時点で終了しました。終了条件はもうちょっと簡単に枚数でもいいような気がします。やっぱりカードの使用のタイミングが覚えられなくてメモを取ったんですが、Bugさんが「ちょっと説明書見せてもらっていいですか?」って言っててこれはかなり使える手段だと思いました。「〇〇〇のカードの使うところってどこでしたっけ?」って聞いたら持ってるのバレちゃうし分からないままだと使えないしでモヤモヤしちゃうのがこれからは回避できそうです。


おわりに


今回はお二人の方が初めて参加してくださいました。Sずきさんに指摘されて気がついたのですが、F&Qはあるのに連絡先がありませんでした。ということでGmailアドレスを取得したのであとでそちらもお知らせいたします。


フキデチョウ文庫平日夜のボードゲーム会のTwitter、Instagramアカウントもよろしくお願いします。










最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事が気に入りましたらシェアしていただけましたらうれしいです。




PR//この記事で登場したボードゲーム










関連記事
スポンサーサイト



SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tedesuko.blog.fc2.com/tb.php/147-3d27d23c
該当の記事は見つかりませんでした。