FC2ブログ

テデスコープ

テデスコの趣味の整頓のブログです
MENU

絵がかわいいので持っていたいキッズボードゲーム『お姫様を助けるのは誰だ』紹介

0   0



このゲームについて




ゲーム情報


enchanted161026-01_600px.jpg
タイトル(原題): 『お姫様を助けるのは誰だ』(The Enchanted Tower )2012年
作者: Inka Brand(インカ・ブラント)Markus Brand(マルクス・ブラント)
プレイ人数: 2~4人
プレイ時間: 15〜25分
対象年齢: 5才以上
受賞歴など: ドイツ年間キッズゲーム大賞2013 受賞など
販売元: Drei Magier Spiele(ドライマギア)など
入手経路 Amazon.co.jp
BGG平均評価 6.9/10 418票(2016年10月 現在)
BGG平均Weight 1.19/5
The Enchanted Tower | Board Game | BoardGameGeek


デザイナーのインカ・ブラントさんとマルクス・ブラントさんはご夫婦です。人気のある重量級ゲーム『村の人生』も2人でデザインしていてキッズゲームもゲーマーズゲームもデザインできるすごい2人です。

箱絵のアーティストはRolf Vogtさん(読み方分からんです)という方で個人的にこの絵大好きです。僕が持っているゲームだと『ごきぶりポーカーロイヤル』の絵も描いている人でドライマギアのキッズゲームのアートを多く手がけています。

enchanted161026-02_600px.jpg


ゲームの目的


魔法の塔に幽閉されたお姫様を救い出します。タイトルにある"誰だ"ってのは悪者の魔法使いと正義の味方ロビンのことです。相手よりも早くお姫様の元へ辿り着くため塔の鍵を探します。先にお姫様を救い出した方が勝ちです。


遊び方


まず適当な方法でロビンチームと魔法使いチームに別れます。1人は魔法使い、他はみんなロビンチームです。といっても駒がたくさんあるわけではないのでロビンチームはわいわい話し合いながら1つの駒を動かす感じです。

チームが決まったら魔法使いが鍵を隠します。ロビンチームはその間は目をつぶって見ないようにします。
enchanted161026-07_600px.jpg

あとはすごろくしながらどこに鍵が隠されているかを探します。

魔法使いは場所を知っているので遠くからスタートするのですが、その場所なんとボードの外!
enchanted161026-04_600px.jpg

鍵が隠されているマスに駒が乗ると底の磁石が鍵をくっつけて「カチッ」と音がなります。そしたらすごろくは終わり。
enchanted161026-05_600px.jpg

塔の根本にある鍵穴に鍵をさしてみる。鍵穴はいくつかあって正しい鍵穴に鍵を刺すとお姫様がぽーんと飛んでいきます。

お姫様をふっ飛ばしたほうが勝ちです。
enchanted161026-06_600px.jpg

助けようとして鍵を開けたら塔の上からお姫様が吹っ飛んでいってしまったなんて罠でしかない気がしますが、そのあたりはキッズゲーム、気にしちゃいけません!


感想とか


鍵を隠している間に目をつぶるなんてバカバカしいと思いますがやってみると子どもに返ったようでとても楽しいです。むしろこの隠れんぼしている感じが一番楽しかったりして。アナログゲームの良さですね。

2人、4人どっちも大人のみで遊んでみて2人でやったときはどちらも魔法使いが勝ちました。そういうバランスなのかな?と思ったけど4人でやった時はロビンが勝ちました。

あと、魔法使いの疎外感がハンパナイです。子どもと遊ぶ場合最初は大人が魔法使いしてあげたほうがいいかもしれません。

キッズゲームなので何度もやり込む要素はないけど雰囲気が好きなので持っていたいゲームです。繰り返しますが絵がいいですよねー。

お姫様の塔の鍵穴は6個しかないので多くてもその回数でお姫様は飛びます。さらに一度鍵を隠した鍵穴は使えなくなるので鍵が見つかるのもだんだん早くなってゲームが分かりやすく収束していて飽きの早い子どもと遊んでも最後までできそうです。プレイ時間が短いのでインストは省いてしまって2回遊んでもいいかも。



おわりに


自分が所有していたいという理由で入手したゲームですがキッズゲームなのでやっぱりこどもと遊んでみたいですね。うちの子はまだ4歳なのでちょっと早いのですが機会を見て試してみたいです。

前回のボードゲーム紹介がひたすらにルールを書いてしまったので今回は要点のみをまとめてギュッとコンパクトにしました。といっても元々がシンプルなゲームなので自然にそうなりました。

あと、ちょっとグチっぽくなってしまうのですが買ったときに少しトラブルがありました。Amazonマーケットプレイスで購入したのですが、説明欄に「当方作成の簡単な和訳を添付します」と書いていたのを信じて購入したのに、ついてきたのはA4の紙ペラ一枚でその内容は他の店舗の商品紹介文のコピペでした。物に不備があったわけではないというのと差出人が中国人のような名前だったので連絡は取りませんでしたがこれはちょっと嫌ですよね。皆さんマーケットプレイスでお買い物される方は販売者のレビューをよくチェックしましよう。経験から言うとお店の平均評価が☆4.5を下回っていたら要注意です。


Amazonリンクとか




絵を描いているRolf Vogtさんのサイトです。トップページにこのゲームが登場しています。絵が可愛いですね。
Index



関連記事
スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tedesuko.blog.fc2.com/tb.php/57-12f2ba90
該当の記事は見つかりませんでした。