FC2ブログ

テデスコープ

テデスコの趣味の整頓のブログです
MENU

「目は澄んだ目をしていた!」目撃者の記憶を頼りに探偵が絵を描いて迷子の女の子を探すパーティゲーム『似顔絵探偵ガール』

0   0

似顔絵探偵ガールブログ
こんにちは!宮崎県に旅行してきたテデスコです。
今回の記事は迷子の女の子を探すお絵描きゲーム『似顔絵探偵ガール』の紹介です

『似顔絵探偵ガール』について


nigaoe170205-01_600px.jpg


迷子の女の子を力を合わせて探し出すゲームです。プレイヤーは探偵役1人と残りの証言する側に分かれます。証言する側は全員で迷子の女の子のカードを5秒間見ます。そのあとに証言を担当するパーツが決まり1人ずつ探偵に特徴を教えていきます。探偵は証言を元に手配図を描き、その手配図をもとに女の子を探し出します。

証言するパーツが事前には分からないのがこのゲームの肝で、覚えていたことが全く役に立たないこともあります。でも心配しないでください。そんなやりとりすらを楽しむパーティゲームだから大丈夫です!


ゲーム情報


タイトル: 似顔絵探偵ガール PAINTER DETECTIVE GIRL
作者: YACO公式サイト
プレイ人数: 3~7人
プレイ時間: 40分
対象年齢: 9才以上
販売元: YACOJOYNT GAME FACTORY
入手経路 Amazon.co.jp
Board Game Geek登録なし





ゲームの準備


テーブルに置くもの
迷子の女の子のカードの山
パーツカードの山

配るもの一式
探偵には箱と紙と鉛筆

nigaoe170205-02_600px.jpg


遊び方




終了条件と目的


最大4人のプレイヤーが探偵をプレイしたらゲーム終了です。似顔絵探偵をしている時は女の子の発見を、目撃者の場合は優秀な証言をすることがゲームの目的です。


ゲームの流れ



①目撃
任意の方法で探偵役を決めます。探偵の隣のプレイヤーは迷子カードの山札から1枚ランダムで表にして全員がそのカードを覚えます。そのあいだ探偵は目を閉じて5秒数えます。カードを山札に戻したあと探偵役はパーツカードを目撃者全員に配ります。6人以下の場合は2〜3枚のパーツカードを受け取ります。

nigaoe170205-06_600px.jpg

②証言
パーツカードを公開し輪郭のパーツカードを持った目撃者から時計回りに特徴を説明します。パーツカードを2枚以上持っている場合は好きなパーツから説明します。ジェスチャーと自分のパーツ以外の証言は禁止です。他の人の証言が間違っていると思っても指摘してはいけません。

似顔絵探偵は証言を聞きながら手配書に絵を描いていきます。探偵側からの質問をしてもOKです。絵は目撃者に見られないように箱で隠しながら手配書を描きます。

nigaoe170205-04_600px.jpg

③捜索
全てのパーツを描き終わったら手配書を公開したあと迷子カードの山札の中から迷子の女の子を探します。制限時間は1分です。女の子が特定できたら「発見!」と言ってカードを公開します。
nigaoe170205-05_600px.jpg

④判定
目撃者による答え合わせの結果捜索が成功したか失敗したかで報酬が変わります。

成功した場合...
探偵が手配書を受け取り、1番優秀な証言をした目撃者が迷子カードを受け取ります。それは探偵が決めます。

失敗した場合...
探偵は何ももらえません。1番優秀な証言をした目撃者が迷子カードをもらい、2番目に優秀な証言をした目撃者が手配書をもらいます。

次はまだ探偵役をしていない人の中で獲得した手配書と迷子カードが一番少ない人が探偵をして新たにゲームを始めます。

過去の成功した手配書
nigaoe170205-07_600px.jpg

nigaoe170205-08_600px.jpg


ゲームの終了


全員(5人以上のプレイのときは4人)が探偵役をしたらゲーム終了です。

獲得した手配書と迷子カードの合計が多い人が勝者です。同数の場合は迷子カードの数が多い人が勝ちです。



おわりに


このゲームは似顔絵探偵というゲームのリメイクです。アートワークを刷新し可愛らしくなって生まれ変わりました。

元の似顔絵探偵は犯罪者たちのイラストがピンとこなくてスルーしていたのですが、2016秋のゲームマーケットで発表されたガールがオサレで可愛かったのですぐに購入しました。

元の方を遊んだことがないのでこれは想像なのですが、カードのイラストが女の子になった分特徴を掴みづらくなったのではないかと想像しています。どちらも遊んだことのある方いらっしゃいましたら教えていただきたいです。

今回の記事では遊び方の紹介なので点数や勝ち負けまで書いていますが、このゲームはそんなことを無視して1回だけ遊んだりしても十分に楽しめるゲームです。ゲーム会の最後にみんなで何かやりたいというときに最適だと思います。手のひらに収まるくらい本当に小箱なゲームなのでカバンの隙間に入りますしね。


↓似顔絵探偵ガールを遊んだ時の記事です。
フキデチョウ文庫で『ピラニア』『5本のきゅうり』『Above and Below』『似顔絵探偵ガール』を遊びました。 - テデスコープ




関連記事
スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tedesuko.blog.fc2.com/tb.php/69-4ad8aec6
該当の記事は見つかりませんでした。