テデスコープ

テデスコの趣味の整頓のブログです
MENU

【ボードゲームプレイレポート】フキデチョウ文庫で『タイムライン雑学辺』『ジャンクアート』『ニムト』『ベガス』を遊びました

0   0

hukidetyou171105-01_600px.jpg
持ち込んだゲーム。

2017/11/06 フキデチョウ文庫平日夜のボードゲーム会



はじめに


こんにちは!ドミニオン第2版予約したテデスコです。
今回の記事は2017年11月にフキデチョウ文庫さんで遊んだクローズボードゲーム会のレポートです。参加したのはSもりさん(Sとうさん友人)、Tふじさん(Sとうさん友人)、Sとうの旦那さん、ヤエケンくん 、Iとう先生、ケムリさん(盛岡ボードゲームクラブ)、Sとうさん、Sこさん 、しなちくさん、Kばやしくん、テデスコ の11人。

Sもりさん(Sとうさん友人)、Tふじさん(Sとうさん友人)、Sとうの旦那さん、ヤエケンくん 、Iとう先生、ケムリさん(盛岡ボードゲームクラブ)の6人の方は初参加です。


フキデチョウ文庫平日夜のボードゲーム会とは


テデスコがボードゲーム『カルカソンヌ』を買ったのをきっかけにはじまったクローズボードゲーム会です。Ingressで出会ったSちくさんと会社の後輩のKばやしくん、そして場所を貸していただいでいるフキデチョウ文庫のNまたさんもゲームに参加していただき毎回4〜8人で遊んでいます。いつかの月曜日に月に1回のペースで開催していますので、ボードゲームに興味があって盛岡近郊にお住まいの方いらっしゃいましたらコメント欄からお気軽にご連絡ください。






遊んだゲーム




うんちくを語り合う『タイムライン雑学編』(4人)


hukidetyou171106-03_600px.jpg

全員でひとつの年表を作っていくゲームです。最初に何枚かカードが配られてそのカードを一番早く全部正しく配置できた人が勝ちです。

hukidetyou171106-02_600px.jpg
今回僕の初期手札はこれです。油ランプは多分古代エジプト、携帯電話と電子レンジは新しい、電気アイロンはまあまあ近代、四季はヴィヴァルディって習った気がするっていう程度の知識です。でも大丈夫!みんなそんなもんだから。

カードの裏にはさらに年号が書かれています。年表にどこにカードが入るのかを宣言してカードを出していきます。正解の場合はそのカードはそのまま年表に並びます。失敗した場合はそのカードは捨て札になり新たに山札からカードを受け取ります。

カードを出しながら推理したり雑学をワイワイ話したりしながら楽しむパーティゲームです。次に遊んでいたケムリさんはさらに嘘の情報を混ぜて楽しむという高度な遊び方をしていました。

スコア


ヤエケンくん 0点!、Sこさん -1点、Kばやしくん -2点、テデスコ -1点




バランスゲーム『ジャンクアート』(6人)


hukidetyou171106-04_600px.jpg

このゲームはうちにある6人まで遊べるゲームで一番大きな箱のゲームです。

ゴミ(ジャンク)を使って芸術を作ろうというゲームなのですが芸術的な要素はありません。基本的には簡単なバランスゲームです。ただステージがたくさんあってラウンドごとに違うルールを適用します。それがかなりユニークなので面白いです。

今回は3枚左のプレイヤーに命令したら次は席替えをしてそこを担当するというルールがありました。敵を脱落させるためにイジワルなカードを渡した結果自分が苦しくなるというボードゲームらしいジレンマ、このルールいいですね。

hukidetyou171106-05_600px.jpg
色がきれいだったジャンクアート。

ジャンクアートについてはこちらもご覧ください。


スコア


Sとうさん旦那さん 8点、ヤエケンくん 6点、Sこさん 5点、しなちくさん 11点!、Kばやしくん 8点、テデスコ 5点



hukidetyou171106-06_600px.jpg
このあと、一瞬だけ『そっとおやすみ』を遊びました。




牛を押し付け合う『ニムト』(10人)


hukidetyou171106-07_600px.jpg

マイナス点を取らないようにするゲームです。全員同時に選んだ手札をオープンにした後、数が小さい順に処理をします。出したカードは場の4列の中で数が大きくて近い列に置かれます。その列の6枚目になったプレイヤーはその列をすべて引き取りカードに書かれている牛の数がマイナス点になります。場の4枚のどのカードよりも小さいカードを出した場合は好きな列を選んで引き取ります。本来は誰かが-66点になったらゲーム終了なのですが今回は2ラウンドだけやって終わりました。


人数が多いと裏の裏を読んだつもりがそれが裏目に出てしまうことも度々。経験者は早めに、初心者は遅れて悲鳴をあげてワーワー騒いで遊びました。

マイナス点ゼロだったヤエケンくんお見事!

スコア


Sもりさん(Sとうさん友人) -27点、Tふじさん(Sとうさん友人) -49点、Sとうの旦那さん -55点、ヤエケンくん 0点、Iとう先生 -8点、ケムリさん(盛岡ボードゲームクラブ) -14点、Sとうさん -17点、Sこさん -40点、Kばやしくん -55点、テデスコ -27点




ダイスをジャラジャラでバッティング『ベガス』(5人)


hukidetyou171106-08_600px.jpg

ダイスをジャラジャラと振ってマジョリティ争いをするゲームです。

各自自分の色のダイスを8個受け取ります。手番では自分のダイスを全部振ってその中の1種類の出目を選んでカジノ(1〜6の数字が割り当てられてます)に投資(ダイスを置く)します。それぞれのカジノでダイスの数が最多になるともらえるお金が設定されています。ただし置いたダイスの数が同数になるとお金をもらう権利は破棄されます。出た目が不本意でも1種類は置かなくてはいけません。

第1ラウンドで派手に勝ちすぎて嫌われてしまい続く第2第3ラウンドで全然勝てず辛い思いをしました。漁夫の利を狙い色んな所に少しずつ置いていたら結局どこも取ることができずになんと第3ラウンドは得点なし。熱くなって勝負に出ていたヤエケンくんが最終ラウンドでトップになり勝ちました。Tフジさん(Sとうさん友人)が次いで2位。なんと、初めて遊ぶ2人が経験者に勝ちました。

スコア


Tフジさん(Sとうさん友人) 30点、ヤエケンくん 31点!、Sこさん 17点、しなちくさん 20点、テデスコ 27点




話は変わりますがドミニオンの第2版


テデスコがボードゲームを知ったきっかけのボードゲーム『ドミニオン』の第2版が予約開始しましたね。テデスコも早速予約しました。一大ブームになった面白いゲームなので気になるかたは予約しましょう!そして遊びましょう。





おわりに


今回は過去最多の11人の大きなゲーム会になりました。6人2卓になる予定だったので6人まで遊べるゲームをかき集めてもってきましたが、よく考えたら7人、5人とかで卓を分ければもっと他のゲームも遊べましたね。勉強になりました。

フキデチョウ文庫平日夜のボードゲーム会のTwitter、Instagramアカウントができました。フォローお願いします。

Twitter
Instagram

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事が気に入りましたらシェアしていただけましたらうれしいです。


関連記事
スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tedesuko.blog.fc2.com/tb.php/98-d113efd2
該当の記事は見つかりませんでした。